2006年12月09日

Oracle Daatabase 11g オラクルデータベース

公の場に11gがお目見えしました。
出荷は2007年夏を予定しているそうです。
メジャーバージョンが登場することになります。
気が早いかもしれませんが、来年のオラクルの話題では11gが主要なキーワードとなりそうです。

イベントではプレビューされなかったようですが、新機能が搭載される予定だそうです。オラクルが注力するのはオラクルが持つ強みをいっそう強化し、ほかの追随を許さないようにすることです。

パフォーマンスや高い信頼性を目指すということです。
システムのアップグレードやパッチ適用を効率化し、トータルコストの削減とダウンタイムを最小化することもポイントになるようです。

具体的にはデータベースを停止せずにパッチを適用できる新機能「オンライン・ホット・パッチング」があります。
ようにRAC(Oracle Real Application Clusters)のクラスタを必要としません。

システムを稼働したままパッチを適用できる可能性が広がりました。ほかにもセキュリティやBI(Business Intelligence)分野でも機能拡張があるそうです。

気になるのが、拡張機能です。話題になったそうですが、オラクルはYouTubeをはじめとして動画データを蓄積する必要性が高まっていることを意識し、コンテンツ管理基盤の強化に力を入れるようです。その関係で「Binary XML storage」「Enhanced XML indexing」などXML関係のキーワードも出てきました。
具体的な技術詳細は分かりませんが、XMLに限らずどんな形式のデータであろうとも11gに取り込もうと意欲がうかがえます。詳細はこれから徐々に明らかになるのだと思いますが、楽しみになってきました。

情報参考元:アットマーク・アイティ
posted by タコ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。