2007年07月15日

fedora6インストールと不具合

家族用に使っていたXPパソコンが更新のたびにコケてしまい、動きが悪くなったのでとうとう見切りをつけてFedora6をインストールすることにしました。
Fedora7からはDVDのみの配布となっておりCD-ROMしかついていない我が家のパソコンにはインストールできないためFedora6を選択。

本屋で雑誌を探し回ってみたが既に7へと切り替わっており諦めてネットワークインストールに変更(この時点で7を選択すべきだったのではあるが・・)

ISOをダウンロードするところからインストール初期設定で直面した問題について書き残しておきます。

isoファイルの取得はこちら
http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/6/i386/iso/
DVD付のパソコンであれば一番上のFC-6-i386-DVD.isoのみダウンロードしてイメージに焼くだけ。
DVDROMがないならFC-6-i386-disc1.isoから5までをダウンロードしてそれぞれを1枚のCDに焼付け。
ここで問題発生
ウインドウズではisoイメージを焼けない模様
http://www.ak-office.jp/
ここでSP+メーカーをインストールし
ライティングタブをクリックして焼くとちゃんとできました。

インストール自体はまったく問題なく完了

日本語入力が出来ない状態になっており
Ctrl+スペースでも
Shift+スペースでも
半角/全角を押してもまったく反応せず・・

結局コマンドラインから

# yum groupinstall "Japanese Support"

ログオンし直したら半角/全角キーで入力可能になっていました。

常時使っている家族にはウインドウズで出来ていたことは必ずLinuxで出来るから心配するなと言って無理やりXPからFedoraへの入れ替えを納得させていましたがインストール後にi_podが使えないことがわかり大ブーイングでした。

焦ってあれこれ探したらyamipodというのがあったのでついでにインストール
http://www.yamipod.com/main/modules/downloads/
YamiPod for Linux (GTK 2.0)

yamipodについてはこちらが一番参考になります。
http://www.sssg.org/blogs/naoya/?p=472

使ってみた感想として
少し前までのLINUXのデスクトップ環境はお世辞にも使い易いとはいえませんでしたがこのFedora6はかなりいい感じです。
動きもすばやくウイルスに感染する危険性も低くなにより自動更新などでこけることもなく非常に満足しています。

サーバー用途で数年間止めずに動かし続けているRedHatLinux9もトラブル知らずで稼動しておりやっぱOSはリナックスかなと。
posted by タコ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。